Loading

ブログ

矯正治療はいつ始めるの?

福岡市東区青葉・土井(ミスターマックス土井店敷地内)で予防歯科に取り組む「青葉イーストコート歯科・こども歯科」のブログです。


先日もこどもの矯正についてのブログを書かせていただきました。

今日は矯正の始めるタイミングの重要性について書きたいと思います。

 

矯正はいつから始めるの?


以前と比べると、ご家族のお子さんの歯並びに対する関心はかなり強くなってきていて、乳歯が生えてすぐに心配になって検診に来られる方も多くいます。

逆に気になってはいるけれど、まだ乳歯だしどのタイミングで相談していいかわからないから、とりあえず生え変わるまで様子を見ようと思っていたと言われる方もいます。

矯正治療の最終的なゴールは、永久歯を綺麗に並べることです。

乳歯の時期や、乳歯と永久歯が混在している時期は、顎の成長を促進したり広げたりするこの時期にしかできない治療や、このまま放置しておくと歯並びがさらに悪くなって治療が困難になってしまうのを阻止するために行います。

 

悪い癖はありませんか?


指しゃぶりや頬杖などの歯並びを悪くする癖などは、できるだけ早い段階で取り除いていきたいものですが、小学生になって歯が生え代わり始めてもまだ残っている場合には、ぜひこの時期に止めさせましょう。

この時期になると説得も可能となる年頃なので、装置の使用も抵抗がないことが多いので比較的成功します。

 

矯正は早く始めると簡単に治ってしまう場合も多いです。


上下の奥歯が反対にかみ合っている場合、乳歯の時期に骨格の問題でずれていることは少ないので、この時期に少し歯並びを広げてあげるだけで正常な咬み合わせを得ることができます。

逆にこの時期に放置しておくと、成長に伴って骨格的なズレを生じてしまい、外科的な治療が必要となるような大がかかりな矯正治療が必要となってしまいます。

 

重要なのは6歳臼歯!


また歯並びの良し悪しを決定づける上で重要となるのが、6歳の時に生えてくる6歳臼歯の位置関係です。

上下の6歳臼歯の位置関係によって矯正治療の難易度が変わってくるのですが、その1つ奥の歯が生えてくる(12歳前後)までは、比較的6歳臼歯の位置を改善することができるので矯正治療を行いやすい時期となります。

いずれにせよ、気になったまま放置していていいことはありません。

少しの問題が大きな問題へとなりかねないからです。

 

福岡市東区青葉・土井(ミスターマックス土井店敷地内)の「青葉イーストコート歯科・こども歯科」では、問題の重症化を未然に防ぐことのできる歯科医院でありたいと思っています。

関連記事

  1. 新聞に掲載された「歯科医院の感染対策問題」
  2. 【アマルガム】お口の中の銀歯の正体って?
  3. 災害時のお口のケアについて説明します。 災害時にもお口のケアは重要です
  4. 子供の歯が怪我で抜けてしまったら? ー歯科医師が教える適切な対応…
  5. スーパーポリリンホワイトニングシステムの流れを説明します。 ポリリン酸ホワイトニング
  6. 床矯正セミナー参加
  7. 痛くない!?麻酔でストレスをなくそう!!
  8. 学校歯科検診の結果を持って歯科医院を受診しよう♪

診療時間のお知らせ

当院の診療案内です

facebook

歯を強くするホワイト二ング♪

スーパーポリリン酸ホワイトニングのバナーです

Q&A よくあるご質問

よくある質問をまとめました。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。