Loading

ブログ

インフルエンザと歯周病の関係を知っていますか?

福岡市東区青葉・土井で予防歯科に取り組む歯医者「青葉イーストコート歯科・こども歯科(ミスターマックス土井店敷地内)」のブログです。


インフルエンザと歯周病の関係

(参照)デンタリズム No.22

毎年、冬場になると流行するもの。

そうです、インフルエンザ。

誰しもがインフルエンザにはかかりたくないですよね?

高熱が出て咳も辛い、人によっては、関節の痛みまで起きてしまいます。

ところで、皆さんは「インフルエンザと歯周病には関係がある」ってことを知っていましたか?

今日は、インフルエンザと歯周病の関係についてお話ししましょう。

インフルエンザ予防と言えば?


「インフルエンザ予防」と聞いて、皆さんが想像するのは何でしょう?

多くの方はこう答えるでしょう。

  • 手洗い・うがい
  • マスク
  • 予防接種

もちろん正解です。

でも、実は、もう一つ大切な予防があるのです。

歯周病菌がインフルエンザの感染を助長している


日本大学口腔細菌学講座の落合邦康教授らの研究グループが非常に興味深い発表を行いました。

それは、「歯周病菌がインフルエンザ感染を助長している」というもの。

歯周病とインフルエンザ、全く関係がないように思えます。

さて、どうして歯周病菌がインフルエンザ感染を助長するのでしょうか?

 

歯周病菌がインフルエンザウイルスに作用してしまう


歯周病菌がインフルエンザ感染を助長するプロセスを説明しようとすると、とてもこのブログでは書ききれませんのでシンプルに説明します。

インフルエンザウイルスが私たちの体の中に入ると、鼻やノドの細胞が出す「タンパク質分解酵素」が、インフルエンザウイルスの表面に作用して、ウイルスの感染力を高めてしまいます。

実は、歯周病菌が産生する酵素でも同じことが起きるということが分かったのです。

つまり、お口の中に沢山の歯周病菌が存在したら・・・

もうお分かりですね?

そうです、インフルエンザウイルスの感染力が更に高まり、インフルエンザにかかりやすくなってしまうのです。

 

お口ケアはインフルエンザの感染予防になる!


すでにお口の中に繁殖してしまった歯周病菌をゼロにすることは難しいことです。

そのため、お口のケアにより、歯周病菌が増えすぎないようにコントロールする必要があります。

近年、様々な病気と歯周病が密接に関わっていることが、次々と明らかになっています。

今後、お口のケアの重要性は益々高まっていくでしょう。

お口のケアは毎日の継続が大切です♪

 

まとめ


  • 歯周病菌はインフルエンザウイルスの感染力を高める酵素を出す
  • 歯周病菌はお口のケアによってコントロールする
  • 歯周病菌が様々な病気と関係することが次々と判明している
  • 今後、お口のケアの重要性が高まる

関連記事

  1. アメリカ人と日本人の予防歯科意識の違いとは?
  2. プラークコントロールです 【連載】歯磨き(ブラッシング)の目的を正しく理解していますか? …
  3. 「健康寿命」を知っていますか?
  4. 災害時のお口のケアについて説明します。 災害時にもお口のケアは重要です
  5. 歯と認知症には関係アリ?研究で判明した驚きの事実
  6. その歯磨き本当に磨けてる??
  7. 床矯正装置 矯正治療はいつ始めるの?
  8. こどもの虫歯にご用心

診療時間のお知らせ

当院の診療案内です

facebook

歯を強くするホワイト二ング♪

スーパーポリリン酸ホワイトニングのバナーです

Q&A よくあるご質問

よくある質問をまとめました。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。