Loading
安心のキレイな水

安心のキレイな水

中性電解水でいつでもキレイなお水を。

当院の診療台から出るお水は、 すべて除菌された安心・安全のキレイなお水 です。


最高の水を提供するポセイドンです

歯科医院で使用されている水は、果たして本当にキレイな水でしょうか?


近年、感染予防に取り組む歯科医院が増えています。しかし、実施されている内容は、大半が器具に対する予防策です。

歯科医院で使用頻度の最も高いものはなんでしょうか?

いいえ、治療用器具ではありません。

正解は・・・ 診療台(デンタルユニット) です。

その診療台から出る水は、治療やうがいにも使用し、患者さまのお口に入るものです。

誰しも一度は歯科に通ったことがあると思います。

では、 その歯科医院の診療台(デンタルユニット)から出ていた水は本当にキレイな水だったのでしょうか? 

 

診療台(デンタルユニット)から出る水は細菌が繁殖している。


実は、診療台から出る水は、多くの場合に 細菌が繁殖している ことが分かっています。原因は、チューブ内で発生するバイオフィルム(細菌の塊、排水口のヌメリのようなもの)です。

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、歯科医院の院内感染予防ガイドラインにおいて、「給水系のバイオフィルムが絶滅されていなければ、治療用水の細菌汚染をなくすことはできない」と述べています。

しかし、どんなに診療台(デンタルユニット)を 外から消毒薬で拭き上げても、チューブの中のバイオフィルムを絶滅させることはできません 

そこで当院では、院内全ての給水管の大元となる水道管に「中性電解水生成装置ポセイドン」を設置しております。殺菌力のある電解中性機能水が院内の排水管内を流れることで細菌の繁殖を抑え、衛生的な環境が保たれ、 いつでも安全でキレイなお水が流れている のです。

 

「中性電解水」は、飲用水基準を満たす、安全・安心なキレイな水です。


ポセイドンの仕組みです

一般的に、機能水と呼ばれるものは、酸性やアルカリ性など数種類ありますが、その多くは添加物を必要とします。

しかし、 当院の「中性電解水」は、添加物を一切加えません 

そのため、身体に優しい安全・安心のキレイな水と言えます。

また、当院の使用する「中性電解水」は、厚生省の浸出性能試験をクリアしています。

つまり、 「除菌水」であると同時に「飲用水」 であり、まさに理想的なキレイな水なのです。

 

「中性電解水」の特徴

*添加物を使わず、水道水のみを使用しています。(中性で 身体に害がありません 

*水道水上の塩素濃度を調節して殺菌力のある水です。( 人には無害 ですが菌が生きられない環境をつくります)

*感染を防止し、除菌を行います。( 細菌数は限りなくゼロ に近い状態を作ります)

 

安全・安心のために

診療時間のお知らせ

当院の診療案内です

facebook

歯を強くするホワイトニング♪

スーパーポリリン酸ホワイトニングのバナーです

Q&A よくあるご質問

よくある質問にお答えします
PAGE TOP