Loading
インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ


このページでは、インプラント治療の流れについてご説明します。

 

1、カウンセリング


問診の画像です。まずは、インプラント治療について丁寧にご説明いたします。

インプラント治療に限らず、どんな治療でもメリット・デメリットがあります。

大切なことは、正しい知識を持った上で、 ご自身の価値観に合う治療方法を選択すること です。

 

2、診査・診断


CTは三次元的な診査が可能です。

インプラント治療には、高度な診査・診断が必要です。

そのため、 CT撮影による高度な診断 が不可欠です。

3次元的に骨を診査し、最も安全な場所にインプラントを埋入することが、インプラント治療の成功の大前提です。

当院では、放射線量の少なく安全で、高度な診断が可能な高性能CTを導入しております。

 

3、インプラント埋入(1次オペ)


インプラント埋入

まず最初に、インプラントを骨の中に埋めます。

その後、一度歯ぐきを閉じて、インプラントと骨がくっつく(オッセオインテグレーション)のを待ちます。

待つ期間は、骨の状態や使用するインプラントによってまちまちですが、 概ね3ヶ月が目安 となります。

 

事前に麻酔をしてから行うので痛みもなく、「思ったよりも早くて、あっという間だった」とおっしゃる方が多いです。

 

 

4、頭出し(2次オペ)


2次オペです

インプラントと骨がしっかりとくっついたら(オッセオインテグレーション)、いよいよ歯を作る準備に入ります。

まずは、インプラントに歯ぐきのカタチを綺麗にするキャップを取り付けます(ヒーリングキャップ)。

この時に、いかにキレイに歯ぐきを整えるかで、 仕上がりの美しさ  感染の起こしにくさ が決まります。

 

 

 

5、アバットメント製作


アバットメント製作歯ぐきがキレイに整ったら、いよいよインプラントに接続する土台を製作します。

この土台の適合がピタリと一致することが、インプラントを 長期間にわたって良い状態に保つポイント になるので、細部まで注意深く製作されていきます。

土台に用いられる材料には、メタルやジルコニアなどいくつか材料がありますが、お口の状態や噛み癖を考慮して選択します。

 

 

 

6、冠を製作する


インプラント冠ですインプラントと土台がしっかり適合していることを確認したら、被せ物の型取りをします。

基本的には、まずは 仮歯を作って、噛み合わせや歯ぐきの状態に問題がないことを確認 してから、本歯を製作します。

 

 

 

 

7、メインテナンス


こちらは一般歯科の診療案内です。インプラント治療の 本番はここから と言っても過言ではありません。

インプラントも長持ちさせるためには、天然歯と同じように毎日しっかりとケアすることが重要です。

 日々のセルフケア と、 歯科医院でのプロフェッショナルケア が両方揃ってこそ、高い予防効果を発揮するのです。

 

診療案内「インプラント」に戻る

診療時間のお知らせ

当院の診療案内です

facebook

歯を強くするホワイトニング♪

スーパーポリリン酸ホワイトニングのバナーです

Q&A よくあるご質問

よくある質問にお答えします
PAGE TOP